banner

お肌の乾燥に注意!まめな保湿を心がけましょう。

20歳を過ぎると女性の肌は乾燥がちになります。男性の場合はホルモンの関係で、女性ほど肌が乾燥しないものなのですが、女性は加齢に伴う乾燥を避けることができません。また、これは角質の潤いを保つ保湿成分が、加齢とともに減少するのも知られています。乾燥にさらされ続けると、皮膚の最も表面の角質層がはがれやすくなります。そうすると、そこにできた皮膚の隙間から、表皮の水分が蒸発していってしまいます。そして、水分を失った表皮の老化がさらに進み、最終的に肌には小じわが出現することになります。角質層で潤いを保つ成分は「天然保湿因子」「角質細胞間脂質」「皮脂」の三つです。天然保湿因子は、アミノ酸や尿素などで構成されていて、角質細胞全体を潤わせるもとになっています。これが失われるとお肌のしっとり感が失われます。また、先ほど述べたように、女性ホルモンの分泌の影響で、女性は加齢により皮脂腺の分泌量が大幅に減少することが知られています。この皮脂は皮膚の表面をカバーする天然クリームの役割をしているため、失われると、お肌が乾燥しやすくなます。また、肌が乾燥すると、コラーゲンやエラスチンを補給して、肌のはりや弾力のもととなる繊維芽細胞の活動が低下するので、たるみやしわの原因になることも知られています。タレントの福山雅治さんは、雑誌のインタビューで若さの秘訣を聞かれて「若い時から保湿を心がけています」とおっしゃっていました。男性の福山さんでさえ、アンチエイジングに保湿を心がけておられるのですから、女性の私たちは負けていられないですね。年齢にふさわしアンチエイジング化粧品を利用しましょう。

注目記事

banner
まず、敵を知れ! 皮膚の老化の4大原因

記事を見る

banner
日焼け止め選びのコツ。紫外線なんかに負けられない。

記事を見る

banner
お肌の乾燥に注意!まめな保湿を心がけましょう。

記事を見る

Copyright(c) アンチエイジング化粧品にはどんなものがあるの?. All Rights Reserved.